荒木富士男職人録

1954年福岡県大牟田市生まれ

 

17歳で町屋左官見習い入り生涯職人として生きる道を選ぶ。
数年経過頃、当時、博多の街には旧県庁・銀行等に擬洋風建築の左官技術の奥深さを知り より高度な技術習得に意欲を燃やす。

 

27歳で競技大会福岡県予選会に出場も敗退、4度の挑戦で全国大会出場の切符をつかみ その年準優勝、翌年悲願の全国左官技能競技大会優勝の栄冠を勝ち取る。

 

その後、久住章氏の誘いで幾多の現場に参加後、
伝説の左官集団(株)花咲か団技術課長として、南紀白浜ホテル川久の石膏マーブル仕上現場責任者を任され、 全国の選りすぐりの職人たちより、心・技・耐を学ぶ。

 

1992年福岡に帰り、富士工舎開業し、一般住宅から文化財の修復工事等に従事する。
左官組合の技術部長を要職し、技術講習会等を定期的に開催する。

2009年(株)富士工舎 法人に組織変更 左官職功績が評価され、国土交通省建設マスター受賞また、左官業界初の、ものづくり日本大賞内閣総理大臣賞受賞し、左官技能を全国に伝える。

 

業界人からは荒木人造の異名を持つほど洗出しのスペシャリストでもある。

 

職人に『暇はない』が持論。

〒811-1245
福岡県那珂川市大字別所1103番地1
TEL:092-952-4170 FAX:092-515-7418
営業時間:8:00 ~ 17:00(定休日:日祭日)
メールでのお問い合わせ

建設許可:
福岡県知事許可(般-26) 第104272号

事業内容:
左官工事業(一般住宅・数寄屋・文化財修復【和・洋】他リフォーム全般)
刷毛販売

加入団体:
福岡県左官業組合連合会(副会長・技術委員長)
(一社)福岡市左官業組合(副理事長)
全国文化財壁技術保存会会員
(一社)日本左官会議(顧問)
(一社)福岡県技能士会連合会理事